「結婚に夢なんてぜんぜんない……。

両親は親の反対を押し切ってかけおちまでして結婚したのに、小さいころから仲が悪くて夫婦ゲンカばかりしていたんです。好きで結婚したって結局こんなものなんだって、すごく冷めて見てましたね。ウチの父は女が外に出歩くのを嫌いだったので、母は篭の鳥状態で、近所の人とのつき合いもぜんぜんなかったんですよ。そういう親の社会生活の不適合さみたいなものが、私たち子供に返ってきて、社会に出たときにどうやって目上の人と話したらいいかわからなかった。仕事の話はできても、世間話ができないんです。でも、そういう私が結婚したって、また子供ができたときに同じことやらないとも限らないでしよ。また、私の子供が不幸になるのかなって思ったら、すごく重荷で、本当に結婚って墓場だなって感じ。自分が何かやったときにも、〃あそこの奥さんがこんなことして〃って、自分の責任が自分で持てない。自分の尻拭いだけは自分でやりたいと思うけど、結婚することで一つの社会を作っちゃったら、それもかなわないですからね」宮沢久美さんは、そう言ってきつい煙草に火をつける。細い体にキリっとした顔立ち、体にピッタリした黒いセーターにタイトスカート……、すきのない人だというのが第一印象だった。が、おいしそうに煙草を吸いながら微笑むと、子供のようなあどけなさが漂う。何か不思議な魅力のある人だ。現在二十七歳、知人の経営する企業関係のリサーチの会社で働いている。けれど、その仕事でプロフェッショナルなキャリアを積もうという気はさらさらない。歩合制でやった分だけ稼げるので、たまたま知り合いのってがあったその仕事についただけで、仕事はお金を稼ぐ方法の一つとしか考えていないという。結婚前に、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

出典元:結婚相談所を比較

FF160_L